2010年05月13日

点滴異物注入、母親初公判=「間違いない」と起訴内容認める−京都(時事通信)

 入院していた自分の幼い娘3人の点滴に水道水などを注入し死傷させたとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)の裁判員裁判の初公判が10日、京都地裁(増田耕兒裁判長)で開かれた。高木被告は、四女に対する一部の注入を除き「間違いない」と述べ、大筋で起訴内容を認めた。
 高木被告は起訴前の精神鑑定で、子どもを傷つける一方、献身的看病で周囲の同情を引こうとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」と診断された。判決までの公判、評議日程は裁判員裁判で最長の計9日間。難解な医学用語を裁判員が理解し、量刑にどう反映させるか注目される。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
耳かき店女性殺害で精神鑑定=弁護側が請求
足利事件「真剣に再発防止検討」=裁判員裁判、早い審理開始を
殺人で元解体工少年を起訴=石巻3人殺傷
元警官に懲役14年=裁判員判決、女性7人に暴行

別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
<桜島>爆発500回目 7カ月早く(毎日新聞)
強制わいせつで男を逮捕 「130キロ」が目撃情報と合致 東京・光が丘(産経新聞)
4人を強殺容疑で再逮捕…長野・一家遺体遺棄(読売新聞)
谷亮子の「五輪、子育て、議員」 「3足のわらじ」に批判相次ぐ(J-CASTニュース)
posted by トモノ サブオ at 23:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

パロマ中毒死 11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、小林敏宏被告(72)らに対する判決が11日、東京地裁(半田靖史裁判長)で言い渡される。製品の欠陥ではなく、販売後の改造で起きた事故でメーカートップの責任が問われる異例の裁判だ。死亡した上嶋(じょうしま)浩幸さん(当時18歳)の母幸子さん(56)は「パロマが安全対策を怠ったと判決できちんと認めてほしい」と願っている。

 パロマ製湯沸かし器による死者は85年以降21人。経済産業省が06年に一連の事故を公表して、初めて実態が明らかになった。05年11月に1人暮らしをしていた東京都港区のマンションで亡くなった浩幸さんは、業務上過失致死傷罪の公訴時効(5年)にかからない唯一の被害者だった。

 問題発覚後、幸子さんは150人以上の記者に会い「悲しい思いをするのは自分で最後にしてほしい」と訴えた。消費者庁設置に向けた講演や署名活動にも取り組んだ。「真実を知りたい」と考え、08年12月から34回開かれた公判のほぼすべてを傍聴した。法廷でメモを取ったノートは7冊に上る。

 審理を通じて不正改造の実態を知り、寒気がした。修理業者の間では、内部の配線を変更して自動排気装置が動かないままでも湯沸かし器を使えるようにする改造が横行し、悲劇が繰り返される原因となった。「工具1本で人の命が失われていたとは」。思わず「ヒロ君ごめんね」と心の中でつぶやき、古くなった湯沸かし器を交換しなかった自分を責めた。

 被告人質問では、法廷の最前列で小林元社長の主張に耳を澄ませたが、ほとんど声が聞こえず、事件の重大性を元社長が認識しているとは思えなかった。だが、幸子さんは「裁判を傍聴して良かった」という。「どういう体制の中で事故が起きたか理解できた。元社長は事故を予見できたはずだ」。今は司法の判断を注目している。【伊藤直孝】

 ◇「予見、回避不可能だった」 元社長ら無罪主張

 事故では小林元社長と同社元品質管理部長の鎌塚(かまつか)渉被告(60)が起訴された。検察側は、2人が不正改造された湯沸かし器の事故で85〜01年に計14人が死亡していたことを認識しながら回収などの安全対策を怠り、05年11月に上嶋浩幸さんをCO中毒で死亡させ、部屋に来ていた兄孝幸さん(29)にも重傷を負わせたとしている。

 これに対し弁護側は、パロマは修理業者を指揮監督する立場になかった▽修理業者に不正改造の禁止を連絡しており、事故はなくなったと思っていた▽全国的な防止策を取ることができたのは経済産業省だけだった−−などと反論。事故を予見し、回避することは不可能だったとして無罪を主張している。

 浩幸さんの部屋の湯沸かし器を不正に改造したパロマ系列の元販売店員は07年8月に病死している。

【関連ニュース】
未公開株詐欺:被害者救済へ法制度導入を提言 消費者委
枝野担当相:「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補
トクホ:制度存続へ 消費者庁検討会
消費者基本計画:食品表示一元化検討へ 政府、閣議決定
温泉:鉱石やセラミックボール入れても温泉なりません 国民生活センター、商品テスト

<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
京葉線で人身事故、2万9千人に影響(産経新聞)
首相、17日以降に沖縄再訪問へ(読売新聞)
カーナビ盗難防止の「特殊ねじ」売り上げ急増 神戸のメーカー開発(産経新聞)
桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記−修正案(時事通信)
posted by トモノ サブオ at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)

 関東地方を中心に、雪の影響で交通機関の乱れや、事故が相次いだ。

 都営地下鉄三田線では、東京都板橋区の志村車庫でポイントが凍結。同線は始発から運転を見合わせ、30本が運休、1万5000人に影響した。JR中央線では、17日午前6時55分頃、山梨県北杜市の穴山―日野春間で、倒木により上下線が甲府―小淵沢間で約3時間半にわたって運転を見合わせ、特急7本が運休した。JR東日本によると、倒木は降雪の影響とみられる。

 東京消防庁のまとめでは、都内では雪で足を滑らせ、骨を折るなどのけがで7人が救急車で搬送された。

 福島県西会津町の磐越道上り線では17日午前7時頃、乗用車とトラックが正面衝突し、乗用車に乗っていた50〜80歳代の男性3人が重軽傷を負った。県警高速隊によると、当時、路面に雪が積もり、乗用車がスリップして反対車線にはみ出したとみられるという。

<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
信号無視、パト追跡後に衝突…双方の4人死傷(読売新聞)
宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)
顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ(読売新聞)
<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
posted by トモノ サブオ at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。